現在表示しているページ
ホーム > 和歌山の民謡 > 大塔村:米搗き唄

和歌山県の民謡 地域別

大塔村/米搗き唄

音源:昭和56・57年 和歌山県民謡緊急調査

旧大塔村の周囲は、標高500mから1200mの山々に囲まれ、村域の90%が山岳地帯であり、林業が中心である。上野の獅子舞は県指定無形文化財となっている。ここに収録されたのは米搗き唄である。

歌詞

1.今夜米搗きゃ みなめんどりよ
ときは知らぬか 歌わぬか
とんととまめさん ほらくの中で
かけて走ろか 腹切ろか
2.今夜米搗きゃ 三升か四升か
ついてくれたら 五升(後生)になる
臼はけやきの 大臼なれど
杵は諸国の もちよりじゃ
3.揃うた揃うたと 五・六丁の杵が
橋の欄干 しめるよに

このページのトップに戻る