公開日 3月18日
開催日 3月22日
     
平成30年度和歌山県災害医療講演会の開催について〜東日本大震災を踏まえた提言〜
連絡先 福祉保健部 健康局 医務課
担当者 石田、岡田
電話 073-441-2604 (内線2604)
FAX --
E-mail
本県では三連動地震や南海トラフ巨大地震等の災害により多数傷病者の発生や
病院インフラの寸断等の大規模な被害が想定されているところです。
東日本大震災から8年が経過した今、東日本大震災において災害医療の最前線で
勤務された医師、DMAT隊員を招き、県内の医療関係者を対象に、当時の被災地の
状況や病院等医療機関での実際の対応、顕在化した課題を学び、大規模災害の現状や
必要な対策等を知るための講演会を開催いたします。

1 日 時
 平成31年3月22日(金)14:00から17:00まで

2 場 所
 和歌山県JAビル2階和ホール(和歌山市美園町5丁目1−1)

3 参加予定者 約180名
 災害拠点病院・災害支援病院・その他病院・医療関係団体・行政・保健所に勤務する医療職及び事務職員等で災害医療に従事する者

4 講演会の内容
 <講演 
 「東日本大震災時における災害対応経験とその後の取り組み」
  東北大学病院 総合地域医療教育支援部 石井 正 教授

 <講演◆
 「あなたの病院もこうなる!〜岩手県内陸部の病院で被災した経験からのメッセージ〜」
 岩手医科大学医学部 救急・災害・総合医学講座災害医学分野 藤原 弘之 助教

5 留意事項
 会場に駐車場はありませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。