公開日 10月21日
日本脳炎の予防のために蚊に注意!
連絡先 福祉保健部 健康局 健康推進課
担当者 並川・花光
電話 073-441-2643
FAX --
E-mail
 和歌山県において、9月以降日本脳炎患者が県内各地で連続して3人発生しました。日本脳炎は、日本脳炎ウイルスをもった蚊によって感染する中枢神経(脳や脊髄など)の疾患です。蚊に刺されないように気をつけましょう。

◯日本脳炎の発生状況                                                           
│         年│H25│H26│H27│H28│H29│H30│R1   │ 
│和歌山県           │0    │0   │0    │1    │0    │0    │ 3    │ 
│全国(和歌山県を含む)│9    │2   │9    │11  │3    │0    │ 3※  │ 
                     ※40週(〜10月13日、広島、山口、和歌山、各1人)
なお、今回の3例の患者は70歳代2名、80歳代1名

◯日本脳炎とは【4類感染症】
  日本脳炎ウイルスによって起こるウイルス感染症で、人がこのウイルスを持っている蚊(主にコガタアカイエカ)に刺されることにより、感染する。日本脳炎ウイルスは主に豚等の体内で増加し、その豚の血液を吸血した蚊に刺されることにより感染する。人から人への感染はない。

◯臨床症状等
  感染しても日本脳炎を発病するのは100〜1,000人に1人程度であり、大多数は無症状に終わる。抗体価の低い幼少児と老年者が発症しやすい。1〜2週間の潜伏期間を経て、高熱、頭痛、嘔吐。その後、意識障害、痙(けい)攣(れん)、麻(ま)痺(ひ)などが現れる。生存者の45〜70%に痙攣、麻痺、精神発達遅延、精神障害などの後遺症が残り、小児では特に重度の障害を残すことが多い。

◯蚊(コガタアカイエカ)について
  蚊の多くは、春から秋(3〜11月)にかけて活動が活発になります。
  コガタアカイエカは水田・沼地で発生し、概ね2km前後の範囲で活動するとされており、1日の内日没後に活動するといわれています。
                                                                             
│【日本脳炎の予防対策】                                                     │
│                                                                           │
│ 肌の露出を少なくする ⇒ 帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等         │
│ 長袖・長ズボン等を着用する                                              │
│    ⇒ シャツの裾(すそ)はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる│
│                                                                           │
│ 適切に虫刺され防止剤を使用する                                          │
│    ⇒DEET等(虫よけ剤の成分)を含む虫よけスプレーも有効                 │
│                                                                           │
│ 日本脳炎の予防接種で防ぐ                                                │
│                                                                           │
│    ⇒定期接種(生後6か月から)、任意接種(成人の場合)                │
│                                                                           │