公開日 1月11日
(株)紀陽銀行との共催により病院・有床診療所を対象としたBCP(事業継続計画)セミナーを開催します
連絡先 福祉保健部 健康局 医務課
担当者 西川
電話 073-441-2604 (内線2606)
FAX --
E-mail
 南海トラフの巨大地震や津波による甚大な被害が想定される中、病院では病院機能の損失を最小限にし、機能の立ち上げ、回復を早急に行える、実効性のある事業継続計画(BCP)の策定が求められています。
 また、医療機関では、新型コロナウイルスをはじめとする感染症による院内クラスターが発生した場合においても、自然災害時と同様に継続的な医療の提供が求められるため平時からの感染症への備えが重要です。
 そこで、和歌山県と株式会社紀陽銀行が締結している「連携協力に関する協定」に基づき、下記のとおり病院・有床診療所を対象としたBCPセミナーを開催します。

開催日時 : 令和4年2月14日(月)10時00分 〜 2月18日(金)17時00分
主    催 : 和歌山県、(株)紀陽銀行
公    演 : 公益社団法人和歌山県病院協会、和歌山県医師信用組合
開催形式 : Zoomを用いたWebセミナー(動画配信形式)
内    容 : 医療機関におけるBCPについて
           ヾ鏡症クラスターへの備え
            講師:日本赤十字社和歌山医療センター 感染症内科部長 古宮 伸洋 氏
           現場が主役の実効性を高めるBCM活動
            講師:社会医療法人同仁会 耳原総合病院 品質管理部 中田 直子 氏
           事業継続を含む医療機関のSDGs経営
            講師:紀陽銀行 営業支援部 BCPサポートデスク
参加者  :  病院・有床診療所の事務長、災害対策や業務継続計画策定の実務担当者 など