報道資料提供サービス
和歌山県トップページに戻る
わかやま県政ニュース
< 戻る
公開日 1月12日
第5回東アジア農業遺産学会(ERAHS)準備会合およびワークショップの開催について
連絡先 農林水産部 農林水産政策局 農林水産総務課
担当者 林、山本
電話 073-441-2896 (内線2896)
FAX 073-433-3024
E-mail e0701002@pref.wakayama.lg.jp
本年8月26日から28日にかけて本県みなべ町および田辺市内で開催される
第5回東アジア農業遺産学会(ERAHS)に向け、
具体的なプラン作成の参考とするとともに機運醸成を図ることを目的として、
関係国責任者が一堂に会し、
下記のとおり準備会合およびワークショップが開催されます。

■準備会合(主催:東アジア農業遺産学会(ERAHS)) 【会議冒頭のみ取材可能】
日 時:平成30年1月22日(月) 16:00〜18:00
会 場:紀州南部ロイヤルホテル
※現地調査 平成30年1月23日(火) 8:30〜12:00 うめ振興館、石神梅林ほか        
出席予定者:
・中国 ミン・チンウェン(中国科学院地理科学・資源研究所教授、FAO GIAHS SAG副議長)
    ジャオ・ウェンジュン(中国科学院地理科学・資源研究所助手)
・韓国 ユン・ウォングン(韓国協成大学校教授)
    パク・ユンホ(韓国農業村公社部長)
・日本 中村浩二(金沢大学客員教授、東アジア農業遺産学会(ERAHS)日本議長)
    永田明(国連大学(UNU-IAS)シニアプログラムアドバイザー、東アジア農業遺産学会(ERAHS)日本事務局長)
    イヴォーン・ユー(国連大学(UNU-IAS)研究員)
    養父志乃夫(和歌山大学システム工学部教授、みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会有識者)

■ワークショップ(主催:国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS))【会議終了まで取材可能】
目 的: 世界農業遺産アクションプランの実施状況の検証につながるよう、
         モニタリングと評価の手法について議論を深め、
     農業遺産の活用・保全に対する認識を高めるとともに、
     第5回ERAHSのプレイベントとして位置づけ、
     本番開催に向けた機運の醸成を図る。
日 時:平成30年1月23日(火) 13:30〜17:00
会 場:紀州南部ロイヤルホテル
出席予定者:
        上記8名に加え、武内和彦(国連大学(UNU-IAS)上級客員教授、FAO GIAHS SAG委員)
        国内大学・研究機関、認定地域の関係者等 30〜50名
 

検索 キーワード・部局・時期の3つの項目で検索できます。        複数の項目を選択の場合は、下の「詳しく検索」ボタンを押してください。
キーワードで検索
さがす
検索ワードを空白で区切ることにより、AND検索が可能です。
部局で検索
知事室
知事室
総務部
総務部
企画部
企画部
環境生活部
環境生活部
福祉保健部
福祉保健部
商工観光労働部
商工観光労働部
農林水産部
農林水産部
県土整備部
県土整備部
会計局
会計局
県議会事務局
県議会事務局
各種委員会事務局
各種委員会事務局
監察査察監
監察査察監
国体推進監
国体推進監
教育委員会
教育委員会


掲載時期で検索
さがす
詳しく検索
アクセスランキング

和歌山県広報課
  和歌山県和歌山市小松原通1-1
TEL 073-441-2031 FAX 073-423-9500
E-mail news-koho@pref.wakayama.lg.jp