現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 広報課 > 和歌山県庁メールマガジン > バックナンバー > 平成30年3月1日

和歌山県庁メールマガジン「わかやま通信」バックナンバー
平成30年3月1日

平成30年3月1
 ◆ 知事メッセージ(県民の友掲載分)
  ○ 自分がやったらチャンス、人がやったらピンチ
 ◆ 和歌山県刊行物
  ○ 県民の友 平成30年3月号

 ◆ 知事メッセージ(県民の友掲載分)
  ○ 自分がやったらチャンス、人がやったらピンチ
 先日、 日本政策金融公庫の取引先の中小企業の会である中小企業懇話会が開かれ、 恒例の講演会で通商産業省事務次官などを歴任された堤富男企業活力研究所会長が講演されました。 私より12年も年長なのですが、 さすが、 最新の世界情勢や技術動向が包括的に、 かつ自身の考えと言葉でまとめられていて、 中小企業の方々にとって大変有意義な講演であったと思います。
 
 その中で一番印象に残ったのは、 「日本を取り巻く各国の発展は著しい。 ということは、 市場が急成長しているのだから、 これに挑戦しない手はない。 技術革新も著しいが、 それを自分のものにすれば大成長も期待できる。 しかし、 世界中がライバルだから、 企業経営者にとって自分がそれをやったらチャンス、 人が先にやったらピンチということだ。 『事業を取り巻く環境は変化が激しく』などと口で言うばかりで様子見をしていたら危ない。 」ということでした。
 
 私はその通りだと思います。
 
 和歌山県は、 それを見越して、 自分でやろうとする人を助ける産業政策体系をどこにも負けないぐらい作り上げてきました。 それをPRし、 産業界と相談する体制も作りつつありますし、 最近はその材料としてIT環境下で一目瞭然にそれが分かる「わかやま企業応援ナビ」も作りました。
 
 また、 産業競争力の基盤条件である高速道路網などのインフラの整備も、 もうそろそろ他と遜色がないかなというぐらいの所まで来ました。
 
 しかし、 一番肝心なのは、 事業者やこれから事業をしようとする人の企業家精神であり、 挑戦する意欲であり、 野心であります。
 
 確かに環境の変化は大変なのでありますが、 それは世界共通の条件です。 県の施策などをうまく活用しながら「自分がやって」チャンスをつかんでくださることを祈るばかりです。
 
 ゆめゆめ、 大変大変と恐れてばかりいたり、 世を嘆いてばかりいるうちに、 「和歌山以外の人に先にやられてピンチ」にならないように。 それは和歌山のピンチですから。



 ◆ 和歌山県刊行物
  ○ 県民の友 平成30年3月号
県民の友3月号Web版
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/kenmin/web/201803/
 
特集 地域医療を支える人材の育成と確保
知事メッセージ 県民の皆様へ
プレミア和歌山
広報課からのお知らせ
人権連載こころの気づき
催し
相談
きいちゃんのワンダフルわかやま
 
<おしらせ>
●難病患者就職サポーター出張相談会
●高次脳機能障害講演会
●世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間記念講演会
●いのちの電話相談員養成講座
●紀の国いきいき健康長寿祭
●リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018わかやま

●福祉・介護・保育の就職フェアわかやま
●いきいきシニアリーダーカレッジ受講生
●発達障害児・者巡回相談
●県名匠表彰受賞記念展
●青少年活動センターまつり2018
●第12回和歌山県民俗芸能祭
●「不動産鑑定評価の日」無料相談会
●食の安全タウンミーティング
●県立橋本体育館教室無料体験会
●疾患別患者・家族交流会
●農業農村整備課からのお知らせ
●県就農支援センター就農研修
●県農林大学校ウィークエンド農業塾
●生石高原山焼き
●5月開始の職業訓練受講生
●南紀白浜空港開港50周年記念紀伊半島一周遊覧飛行
●和歌山大学南紀熊野サテライト学部開放授業受講生
●確定申告はお済みですか
●公立高校の授業料について

●トラクターやフォークリフトなどをお持ちの方へ
●自動車税について
●リサイクル図書の募集
●3月は自殺対策強化月間
●マイナンバーカードをつくろう!

●第56回和歌山県スポーツ賞
●きいちゃんデザインを使いませんか?
●青少年の家
 
<試験>
●県職員採用試験総合案内
●県警察官A採用


 
配信カテゴリーの変更、メールアドレスの変更、配信形式(HTML形式・テキスト形式)の
変更および配信の停止を希望される方は、次のURLからお手続きをお願いします。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/mailmagaform/mailmagaform.html
 
バックナンバーは次のURLをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/mailmagaform/backnumber/index.html
 
【本メールマガジンに関するお問い合わせ先】
〒640-8585
和歌山市小松原通一丁目1番地
和歌山県知事室広報課
TEL:073-441-2034(直通)
FAX:073-423-9500
問い合わせフォーム:http://www.pref.wakayama.lg.jp/inquiry.html