【終了】 世界最先端の働き方を実践する、WordPress.com運営企業が来日~同社社員による子供向けウェブサイト構築体験教室を県内で開催
6月30日(土)のイベントのみへの参加が可能です。

子供向けウェブサイト構築体験教室と働き方改革トークセッションはこちらをクリック

働き方改革トークセッションのみの募集はこちらをクリック



○「親子ワーケーション ウェブサイト構築体験教室・大人向けトークセッション」プログラム
  1. 実施日時
    平成30年6月30日(土)10:00~16:30

  2. 集合場所・時間
    白良浜(和歌山県西牟婁郡白浜町) 午前9:15
    ※平成30年6月30日(土)午前8:40南紀白浜空港着の便でお越しになられる方は、同空港からの送迎バスを手配しておりますので、そちらにご乗車ください。

  3. 内容
    (1)午前
    親・子供向け:和歌山県自然体験~白浜町の番所山公園を散策していただき、和歌山県の自然・歴史を実地で理解していただくとともに、午後のセッション用の映像素材を収集いただきます。

  4. (2)午後
    ○ 子供向け:ウェブサイト構築体験教室~子供を対象にアメリカの最先端IT・ウェブ企業の社員から、最先端のツール(WordPress.com)を活用したウェブサイト構築を体験いただきます。
    ○ 大人向け:並行して、親を対象に地方でのテレワーク、働き方改革、移住等をテーマとした著名人によるトークセッションを開催し、親も学べる機会を提供いたします。

     なお、上記プログラムに参加し、本県で3泊4日以上の行程でワーケーションを実施され、かつ、県のモニター事業に協力いただけるご家族については、15組までモニター協力費をお支払いし、また、今後の本県へのワーケーション誘客活動にご協力いただきます。
     
  5. 参加者対象・人数
     小学校高学年~中学生のお子様をお持ちのご家族で、15組・60名まで(応募多数の場合は、首都圏からのワーケーションのモニター協力が可能な方の参加を優先させていただきます)。
     上記の他、当日午後の大人向けセッションのみの参加につきまして、県内からの参加希望者に限り、追加的に若干名受け入れ可能です。

  6. モニター協力費: 1組当たり7万円

  7. イベント参加者・モニター募集期間
    平成30年6月5日(火)から。
      一次発表は、6月15日(金)をめどに、参加可能者・モニター当選者に対して直接ご連絡させていただくとともに、15組に満たない場合は6月22日(金)まで随時募集を継続するものとします。
    なお、モニター協力については、予算額に達し次第募集を終了させていただきます。

  8. 現地での交通等について
    和歌山県は、南紀白浜空港・白浜町から各種アクティビティの実施場所への送迎及びアクティビティ実施場所の手配、その他アクティビティ実施に係る調整を担当させていただきます。
    ただし、南紀白浜空港・白浜町までの交通手段や宿泊場所の手配は、適宜参加者が行うものとします。


今回のモニター協力費支払いの条件・手続き等

1 条件
  1. (1)和歌山県で3泊4日以上ワーケーション(※1)を実施していただくこと。
    「ワーク」については、テレワークだけでなく、地域における副業、地元主体との協議やワークショップ・フォーラム・研修参加等も含めます。
    「休暇」については、単なる観光等のいわゆる休暇だけでなく、自主的な能力開発、地域におけるボランティア活動、地域主体との協同等の活動も含めます。ただし、滞在の全期間中に観光等のいわゆる休暇のみを実施する場合は、支援の対象といたしません。
  2. (2)和歌山県でのワーケーション終了後にレポート及びアンケート(※2)を提出いただくこと。
  3. (3)必ずお子様を帯同いただくこと。(小学校高学年~中学生を想定)
    ただし、お子様を含めた家族について、主たるワーケーション実施者(以下、「ワーカー」という。)のワーケーションの実施期間中の全てに、同ワーカーに帯同する必要はありません(例:ワーケーション実施期間が木曜日から日曜日の4日間の場合で、ワーカーは和歌山で木曜日・金曜日に「ワーク」し、土曜日・日曜日に家族が和歌山に入り、当該ワーカーとともに「休暇」を取り、日曜日に当該ワーカー等が和歌山を離れる場合等を想定)。
  4. (4)ワーカー及びその子供は、和歌山県の「親子ワーケーション ウェブサイト構築体験教室・大人向けトークセッション」プログラムに参加すること。
  5. (5)ワーカーは首都圏在住であること。

2 モニター協力費受給に関する手続き
  1. (1)ワーケーション終了後に、空路にて和歌山県へ往来した場合は、航空機に搭乗したことを示す書類(搭乗券、搭乗証明書や保安検査場通過の際に手交されるレシート等)をご提出いただくとともに、和歌山県内宿泊施設に3泊以上滞在したことを示す書類(宿泊証明書等)をご提出ください。
  2. (2)ワーケーション終了後3週間以内に、レポート等をご提出ください。

3 注意点
  1. (1)原則、会社員・団体職員の方がご参加いただく場合は各社・団体1組(※3)1回に限り対象となります。
  2. (2)共働き(※4)の夫婦でそれぞれがレポート・アンケートをご提出いただける場合は、14万円(7万円×2)をモニター協力費としてお支払いします。
  3. (3)最低限の構成として、親一人・子供一人となります。

  1. ※1 ワーケーションとは、ワークとバケーションを繋げた欧米発の造語です。リモートワークを活用し、リゾート地等の環境の良い場所で、休暇や研修を兼ねて中長期的に滞在し仕事を行う取り組みのことです。
  2. ※2 お申込み受付後に県指定のレポートとアンケート様式を送付します。
  3. ※3 フリーランス等の働かれている個人の方も対象となります。
  4. ※4 職種・仕事内容は問いません。

備考

モデルプラン(例)


イベントの詳細
6月30日(月)

■番所山公園(荒天の場合は中止)
国立公園である番所山公園にて海の生物、山の植物・昆虫の観察・撮影
番所山公園

■京都大学白浜水族館(荒天時の代替イベント)
水族館を見学し魚等の観察・撮影
水族館見学

■とれとれ市場(荒天時の代替イベント)
日本最大級の海鮮マーケット 店内散策、お土産購入
とれとれ市場

親子ワーケーションの申し込み
お申し込みはこちらから(電子申請システムが開きます)

親子ワーケーションに申し込む


 お問い合わせ:
  1. 和歌山県企画部 企画政策局 情報政策課 ICT利活用推進班 清水、三ッ森
  2. TEL 073-441-2406
  3. E-mail: wwp_info@pref.wakayama.lg.jp