【募集中】今年はアウトドア!親子ワーケーションin南紀白浜・串本~絆をつなぐ大自然
和歌山県では、ワーケーションの更なる促進のため、「テレワーク・デイズ」期間中の下記日程で首都圏在住のご家族を対象とした親子によるワーケーションの実施を昨年度に引き続き支援・PRします。なお、県のモニター事業に協力いただけるご家族については、モニター協力費をお支払いします。

「親子ワーケーション」プログラム
  1. 実施日時     
     令和元年8月22日(木)~8月24日(土)
  2. 場所     
     和歌山県白浜町・串本町
  3. 主催 和歌山県
    後援自治体 白浜町、串本町
    協力企業 ソフトバンク(株)、(株)モンベル、三菱地所(株)、(株)日本能率協会マネジメントセンター、(株)ジャルパック(株)リゾート大島、大和リゾート(株)
  4. 内容     
     首都圏在住のご家族の方々に、上記日程を含む2泊3日以上の行程で、和歌山県で「ワーケーション」を体験していただきます。
     リゾート大島(串本町樫野1035-6)のコテージやグランピング施設を働く場所として使用できる時間を設けるほか、その他プログラム中のいくつかの場所でテレワーク時間を設定しています。その間、お子様には本県の自然、歴史、文化に触れるアクティビティを県が提供します。親子一緒にアクティビティに参加することも可能です。23日(金)の夜には親子でテントを組立て、寝袋にくるまって就寝という非日常的なアウトドア体験プログラムをご用意しています。     
     なお、モニターとしてご参加いただける方は、当該ワーケーション実施後、レポートを作成し、県に提出いただき、当該レポートを県ホームページ等のコンテンツとして掲載するほか、今後の県のワーケーション事業への助言などのご協力をいただきます。
  5. 参加者対象・人数     
     首都圏在住のご家族(主に小学校1年生~小学校4年生のお子様がいらっしゃるご家族を想定)で、参加者として当選された、15組・60名まで。
  6. モニター協力費     
     (1)和歌山県内で2泊3日のワーケーションを行った場合、1家族当たり3万円(源泉徴収あり)
     (2)和歌山県内で3泊4日以上のワーケーションを行った場合、1家族当たり5万円(源泉徴収あり)
  7. 参加申込受付期間     
     令和元年6月20日(木)から。
     なお、一次発表は、7月26日(金)をめどに、当選者に対して直接ご連絡させていただくとともに、15組に満たない場合は8月13日(火)まで随時募集を継続するものとします。15組に達し次第、受付を終了します。     
  8. 参加にあたり必要となる費用について     
     ①ご自宅等から関西国際空港orJR白浜駅or南紀白浜空港までの交通手段(往路)及び、南紀白浜空港orJR白浜駅からご自宅等までの交通手段(復路)にかかる費用。
    ※プログラム中の交通については県が手配しますので、費用はかかりません。
     ②宿泊及び飲食にかかる費用
     ③プログラム初日(8月22日)にアドベンチャーワールドに入園される方は、入園等にかかる費用     
        
    (参考)宿泊及び飲食にかかる費用について:大人1名、子供1名参加の場合⇒2名で計約70,000円(大人1名約3万円、子供1名約3万円、テントサイト費1家族1万円)
    ※あくまで募集時点の参考価格であり、食事のメニューの変動やその他必要な状況に合わせて価格が前後する可能性がございます。     

    【以下、費用詳細】     
    ・8月22日宿泊代(1泊2食バイキング付)/ホテル&リゾーツ和歌山串本:大人1名11,490円、子供1名11,340円     
    ・8月23日昼食代:大人・子供それぞれ1名につき約1,000円(メニューにより前後する可能性があります)     
    ・8月23日宿泊代/リゾート大島:1家族につき10,000円(1家族で1つのテントを張っていただくため、1テントサイト分の費用になります)     
    ・8月23日テント等利用料:テント、マット、寝袋等の利用料として、大人・子供それぞれ1名につき約10,000円(利用料については最終参加人数等により前後する可能性があります)     
    ・8月23日夕食代/リゾート大島:大人・子供それぞれ1名につき約4,500円(飲料代込)     
    ・8月24日朝食代/リゾート大島:大人・子供それぞれ1名につき約700円     
    ・8月24日昼食代:大人・子供それぞれ1名につき約1,600円(メニューにより前後する可能性があります)     
  9. 現地での交通等について     
     プログラム中の交通については県が手配しますので、費用はかかりません。     
     ただし、ご自宅等から関西国際空港orJR白浜駅or南紀白浜空港までの交通手段(往路)及び、南紀白浜空港orJR白浜駅からご自宅等までの交通手段(復路)の手配は、参加者自身で行っていただきます。
     また、本件親子ワーケーションプログラムの前後(8月21日や25日など)に予定を追加され、3泊4日以上の行程にされる場合、追加される日程に関する交通手段や宿泊の手配なども参加者自身で行っていただく必要がありますので、ご注意ください。
  10. プログラムで必要な持ち物について
    (1)屋外でのプログラムも多くなります。熱中症対策のため、帽子や日焼け止めなどを必要に応じてご準備ください。また、こまめに水分補給ができるよう、水筒などをご準備ください。※飲み物の準備はこちらでも行いますが、参加者自身の責任のもと、参加者自身で水分・塩分が補給できるようにご協力をお願いいたします。
    (2)8月23日(金)午前は、橋杭海水浴場の浅瀬に足をつけたり、近くで採取した生き物の観察を海岸で行う予定ですので、ビーチサンダルなどの濡れてもよい履物、タオル、濡れた時用の着替え、濡れたものを持ち帰る用の袋などをご用意ください。
    (3)8月23日(金)はテントでの宿泊になります。リゾート大島では露天風呂が使用できますが、タオルや歯ブラシは販売品となりますので、洗面用具(タオル・歯磨き・洗顔料・ボディーソープ・シャンプー等)や就寝時の着替え類をご用意ください。ドライヤーは、露天風呂から歩いてすぐのコインランドリーにコイン式のものがございます。
    (4)テント、マット、寝袋、ランタンなどは用意しておりますが、レンタル品の使用に不都合がある方はご自身でご用意ください。
    (5)テレワーク場所ではwi-fi環境を整えておりますが、普段使用されているPCや充電器などはご用意ください。
    (6)プログラムを通してバスでの移動が多くなります。酔い止め薬が必要かと思われる方はご準備をおすすめします。
  11. 参加者事前説明・相談会について
     今回ご参加いただける方を対象に、8月3日(土)14:00~15:30(予定)に東京都内で事前説明・相談会を実施いたします。具体的な開催場所等については参加者の方々に別途お知らせいたします。  

今回のモニター協力費支払いの条件等

1 条件
  1. (1)「親子ワーケーションプログラム」に基づき、和歌山県で2泊3日以上のワーケーション(※1)を実施していただくこと。     
     テレワーク設定時間中の全てにおいてテレワークを行っていただく必要はございません。ただし、和歌山県に滞在中の全期間中に観光等のいわゆる休暇のみを実施する場合は、モニター協力費支払いの対象といたしません。
  2. (2)プログラムに1泊追加をし、3泊4日以上の行程にされる場合に限り、追加された1泊分について、和歌山県内で宿泊したことが分かる書類(明細請求書、明細領収書、宿泊証明書などのうち1点)をご提出いただくこと。プログラム内の宿泊となる、8月22日のホテル&リゾーツ和歌山串本での宿泊及び、8月23日のリゾート大島での宿泊については当該書類の提出は不要です。
  3. (3)和歌山県でのワーケーション終了後にレポート及びアンケートを提出いただくこと。
  4. レポートの内容につきましては、①親子ワーケーションの体験記、②ワーケーション予定者へのアドバイス、③ワーケーション施策に関するフィードバックなど、あわせて1,500文字以上の文章と、写真10枚以上が目安です。(※2)
  5. (4)必ずお子様を帯同いただくこと。(主に小学校1年生~小学校4年生を想定)     
     お子様を含めたご家族について、主たるワーケーション実施者(以下、「ワーカー」という。)のワーケーションの実施期間中の全てに、同ワーカーに帯同する必要はございません。ただし、お子様のうち少なくとも1名は、2泊3日のプログラム中のうち1泊2日程度は参加していただくようお願いいたします。(例:ワーカーが8月22日からプログラムに参加し、8月23日にご家族が和歌山に入る場合等を想定)     
     アクティビティに参加されるお子様は主に小学校1年生から小学校4年生までを想定しております。     
     未就学児の場合は親御様のご同行がありましたら、アクティビティに参加することは可能です。     
     テレワーク時間として設定している時間中は、託児スペースを設けますので、未就学児やアクティビティに参加されないお子様を保育士に預けていただけます。
  6. (5)ワーカーのお子様は、原則として和歌山県の親子ワーケーションアクティビティにご参加いただくこと。(未就学児や体調不良などで参加されないお子様を除く。)
  7. (6)ワーカーは原則として首都圏在住であること。

  8. ※1 ワーケーションとは、ワークとバケーションを繋げた欧米発の造語です。リモートワークを活用し、リゾート地等の地域で普段の仕事を継続しつつ、その地域ならではの活動を行うといった新しい生き方、働き方の一つです。
  9. ※2 お申込み受付後に県指定のレポートとアンケートの様式を送付します。
2 注意点
  1. (1)過去に和歌山県からモニター協力費を受け取られたことがある方は原則として対象外となります。
  2. (2)会社員・団体職員の方がご参加いただく場合は原則として各社・団体につき1組に限り参加対象となります。
  3. (3)ご夫婦で参加される場合で、それぞれがレポート・アンケートをご提出いただける場合であっても、モニター協力費は1家族あたりに対する支払いとなります。
  4. (4)1家族あたりの参加上限人数は原則4人とし、また、最低限の参加構成として親1人・子供1人となります。

備考

親子ワーケーションプログラム


イベントの詳細

【8月22日(木)】

■三菱地所ワーケーションオフィス「WORK×ation Site南紀白浜」
5月にグランドオープンしたばかりのワーケーションオフィスが利用可能!
ドローン

■ホテル&リゾーツ和歌山串本
串本町到着後は、シーサイドリゾートホテルでゆったり、おくつろぎください。
星空

【8月23日(金)】

■串本町の海岸で観察体験。(橋杭海水浴場を予定)
串本町の海に生息する小さな生き物を海岸で観察してみましょう。
ドローン

■串本海中公園センター
午後からは水族館のバックヤードツアー
飼育員さんや学芸員さんの解説を聞きながら生き物と触れ合ったり、餌やり体験も。
持続可能な開発目標(SDGs)持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)持続可能な開発目標(SDGs)

■リゾート大島
子供たちが海中公園に行っている間、大人はコテージやグランピングテントでテレワーク!
自然に囲まれた非日常な空間でリフレッシュしながらお仕事に集中してください。
番所山公園番所山公園

番所山公園番所山公園

夕方からは家族一緒にテント組立にチャレンジ!
番所山公園番所山公園

夜ご飯は異業種交流をかねて参加者全員でBBQ!
番所山公園

リゾート大島では露天風呂が楽しめます。
番所山公園

天気がよければ満点の星空を観察できます。
星空観察会も予定しています!
自然の中で、家族一緒にテントで就寝。
番所山公園番所山公園

【8月24日(土)】
■リゾート大島
トルコと串本町の友好関係、その歴史に思いを馳せつつ、トルコランプ(難易度:大人向け)や、モザイクコースターを作ります。
南方熊楠記念館南方熊楠記念館

■南紀熊野ジオパークセンター
今年の7月にオープン予定の新施設・南紀熊野ジオパークセンターで大地のしくみを知る体験学習を!
三段壁洞窟

親子ワーケーションの申し込み
お申し込みはこちらから(電子申請システムが開きます)

親子にワーケーションに申し込む

和歌山県でのワーケーションに最適な旅行ツアー
ジャルパックからワーケーションに最適な旅行商品を販売中!
お申し込みはこちらから

JALで行く親子で夏休み!行こうよ和歌山

 お問い合わせ:
  1. 和歌山県企画部 企画政策局 情報政策課
    林、大谷、岡﨑
  2. TEL 073-441-2406
  3. E-mail: wwp_info@pref.wakayama.lg.jp