和歌山県の認知症対応型共同生活介護

認知症対応型共同生活介護とは

 認知症対応型共同生活介護とは、いわゆるグループホームと呼ばれるもので、要介護者(要支援者)であって比較的安定した認知症の状態にある方が、共同生活住居において、家庭的な環境の下で入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、その方の有する能力に応じ自立した日常生活を営むことを目的としています。

和歌山県内の認知症対応型共同生活介護の設置状況

認知症対応型共同生活介護設置状況一覧

認知症対応型共同生活介護に関するお問い合わせ

事業所が所在する市町村にお問い合わせください。



このページ上部に 戻る↑

© Wakayama Prefecture