県内の介護サービス事業所・施設に対する行政処分の状況

(令和元年9月末現在)


 

年度計

訪問介護

介護予防訪問介護

訪問

リハビリテーション

介護予防訪問

リハビリテーション

通所介護
介護予防通所介護

通所

リハビリテーション

介護予防通所

リハビリテーション

短期入所生活介護

介護予防短期入所生活介護

短期入所療養介護

介護予防短期入所生活介護

居宅介護支援
老人福祉施設
老人保健施設
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
取消
停止
H12年度
1
1
H13年度
H14年度
H15年度
3
2
1
H16年度
H17年度
H18年度
H19年度
H20年度
H21年度
5
1
1
1
1
1
H22年度
3
1
1
1
H23年度
4
3
1
H24年度
8
4
2
2
1
1
1
1
1
2
1
H25年度
H26年度
H27年度
1
1
H28年度
1
7
1
1
1
1
1
1
1
1
H29年度
3
1
1
1
H30年度
1
1
R1年度
 
             
1
                                         
合計
30
13
12
1
5
1
1

3

1
2
1
1
1
1
1
1
8
1
1
1

 

■令和元年度 介護サービス事業者に対する行政処分

区分
法人名
事業所名

事業所

所在地

サービス種別
指定取消日(停止の場合は発表日)
主な理由
指定
取消
一般社団法人
療創会
通所介護なかずリハビリテーションセンター 田辺市 通所介護 R1.10.15

 通所介護サービスに係る各種加算(個別機能訓練加算T・U、認知症加算、口腔機能向上加算、栄養スクリーニング加算、中重度者ケア体制加算等)について、当該加算の算定要件の一部が欠如しているにもかかわらず、不正に介護報酬を請求した事実が確認された。
 県が実施した実地指導の際に、上記算定要件の欠如を隠蔽するため、過去に遡り不正に書類を作成し、県の指導を逃れようとした事実が確認された。

 県に提出した指定更新申請書の勤務形態一覧表について、実際には当該事業所に勤務していない職員を記載した。
 県が実施した実地指導において提出された勤務形態一覧表について、実際には当該事業所に勤務していない職員を記載した。
上記に基づき、中重度者ケア体制加算の加算要件を満たすものとして、当該加算を不正に算定した事実が確認された。

 認知症高齢者の日常生活自立度の判定について、当該事業所の利用者の主治医や介護支援専門員等と連携することなく、当該事業所の独自判断で日常生活自立度を判定した。
上記に基づき、認知症加算の加算要件を満たすものとして、当該加算を不正に算定した事実が確認された。 

 県が実施した監査において、事実に基づかない虚偽の記録を提出した。

指定
取消
合資会社ドリーム愛 合資会社ドリーム愛 橋本市 訪問介護 R1.11.7

 指定更新申請の書類(勤務形態一覧表等)において、既に退職している職員の名義を使用し、人員基準を満たすものとして県に提出し、指定を受けた。

 指定更新時から平成31年4月までの間、人員基準違反と知りながら、サービス提供責任者を置かず、かつ、訪問介護員等の員数が最低基準の2.5人以上(常勤換算)を満たしていなかった。

 監査において、既に退職した者の名義を使用して、勤務形態一覧表、運行記録及び給料明細書等を作成し、県に提出した。

 不正の手段による指定更新後、人員基準違反であることを知りながら、不正に介護報酬を請求した。

 

■平成30年度 介護サービス事業者に対する行政処分

区分
法人名
事業所名

事業所

所在地

サービス種別
指定取消日(停止の場合は発表日)
主な理由

全部

停止

合同会社れもん
ケアプラザれもん
橋本市
訪問介護
H30.12.21
指定申請の書類である「従業者の勤務の体制及び勤務形態一覧表」に記載した勤務時間を従事させることが困難であるにもかかわらず、人員基準を満たすものとして書類を提出し、県知事の指定を受けた。

 

■平成29年度 介護サービス事業者に対する行政処分

区分
法人名
事業所名

事業所

所在地

サービス

種別

指定取消日
主な理由

 

 

 

 

指定

取消

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社ビッグプラネット

 

 

 

 

ヘルパーステーションそら

 

 

 

 

かつらぎ町

 

訪問介護

 

 

 

 

 

H30.3.31

訪問介護サービスを提供していないにも関わらず、虚偽の訪問介護記録を作成し、介護報酬を不正に請求した。

同居家族に対し介護サービスを提供し、介護報酬を不正に請求した。

監査の際に実際には提供していない訪問介護記録や虚偽の出勤記録等を県に提出した。

平成28年12月から平成29年3月までの間、管理者不在の期間があった。

平成29年4月以降、管理者及びサービス提供責任者に常勤でない者を配置した。

介護予防

訪問介護

介護予防訪問介護事業所と一体的にサービス提供を実施している訪問介護事業所において上記のとおり不正が行われていた。

 

 

居宅介護

支援

訪問介護事業所がサービスを行っていないこと等を知りながら、計画どおり提供されているよう偽った給付管理を行い、居宅介護サービス計画費を不正に請求した。

利用者が要介護認定更新を受けた際、運営基準で定められている各サービス担当者から意見を求めることを行わずに、運営基準減算をしないで居宅介護サービス計画費を不正に請求した。

虚偽の給付管理を行い訪問介護事業所の不正請求を幇助した。

介護保険制度上禁止されている同居家族への訪問介護サービスを提供するよう指示した。

監査の際、実際には開催していないサービス担当者会議の記録を県に提出した。

 

■平成28年度 介護サービス事業者に対する行政処分

区分 法人名 事業所名 事業所
所在地
サービス種別 指 定取消日
(停止の場合は発表日)
主な理由
指定取消
株式会社一和
居宅支援・アサーティブ
岩出市
居宅介護支援

H28.6.1

実際にはケアプランを作成していないにもかかわらず、介護報酬を不正に請求

ケアプランについて文書による利用者の同意を得ていないにも関わらず、かつ、運営基準減算に該当していることを知りながら減算せず不正に請求

モニタリングの結果を記録に残していないにも関わらず、かつ、運営基準減算に該当していることを知りながら減算せず不正に請求
一部停止

医療法人

はしもと

老人保健施設プラトン
美浜町

@介護老人保健施設

A短期入所療養介護

介護予防短期入所療養介護

B通所リハビリテーション

介護予防通所リハビリテーション

C訪問リハビリテーション

介護予防訪問リハビリテーション

H29.2.21

栄養マネジメント加算について、加算の算定要件である管理栄養士を配置していないにもかかわらず、介護報酬を不正に請求(@)

※末尾の数字はサービス種別欄中の数字を示す(以下同じ)

サービス提供体制強化加算について、介護福祉士の配置が不足していた等、加算の算定要件を満たしていないにもかかわらず、介護報酬を不正に請求(@,A)

理学療法士、介護支援専門員、看護職員または介護職員の配置が指定基準に定める員数を満たしていない場合、介護報酬を減算して請求しなければならないにもかかわらず、介護報酬を減算せず不正に請求(@,A,B)

平成24年以降に提出があった指定(許可)更新申請や変更届等の提出書類である「従業者の勤務の体制及び勤務実態一覧表」や「雇用証明書」に、勤務実態のない従業者を配置しているかのように記載(@,A,B,C)

介護支援専門員が、資格を喪失している期間中にもかかわらず、介護支援専門員として業務に従事し施設サービス計画を作成した。(@)
施設サービス計画に基づきサービスを提供しなければならない介護保健施設で、一部の入所者の施設サービス計画が作成されていなかった。(@)
監査において虚偽の報告を行った(@,A,B,C)
従業者が入所者に対し、正式な手続きを取ることなく身体拘束を行う身体的虐待とナースコールを設置しないなどの介護放棄の虐待の事実が認定された(@)

 

 

 







和 歌山県福祉保健部福祉保健政策局
長寿社会課 介護サービス指導室
TEL:073−441−2527(直)
このページの上部に戻る↑

© Wakayama Prefecture