報道資料提供サービス
和歌山県トップページに戻る
わかやま県政ニュース
< 戻る
公開日 6月21日
この夏、親子で参加できるアウトドアワーケーションプログラムを県が提供します!
連絡先 企画部 企画政策局 情報政策課
担当者 林、大谷、岡
電話 073-441-2406 (内線2406)
FAX 073-428-1136
E-mail wwp_info@pref.wakayama.lg.jp
県では、情報通信技術(ICT)を活用し、リゾート地等の地域で普段の仕事を継続しつつ、その地域ならではの活動を行うといった新しい生き方、働き方の一つである「ワーケーション」を、全国に先駆けて推進しています。
この度、ワーケーションの更なる促進のため、県は「テレワーク・デイズ」期間中の下記日程で、首都圏在住のご家族を対象とした親子によるワーケーションの実施を昨年度に引き続き支援・PRします。
なお、県のモニター事業に協力いただけるご家族については、モニター協力費をお支払いします。

                  記

1 実施日時
 令和元年8月22日(木)〜24日(土)
2 場所
 和歌山県白浜町及び串本町
3 主催 和歌山県
  後援自治体 白浜町、串本町
  協力企業 ソフトバンク(株)、(株)モンベル、三菱地所(株)、(株)日本能率協会マネジメントセンター、(株)ジャルパック、(株)リゾート大島、大和リゾート(株)
4 内容
 リゾート大島(串本町樫野1035-6)のコテージやグランピング施設を働く場所として使用できる時間を設けるほか、その他プログラム中のいくつかの場所でテレワーク時間を設定。その間、お子様には本県の自然、歴史、文化に触れるアクティビティを県が提供します。
5 対象 
 首都圏在住のご家族(主に小学校1年生〜小学校4年生のお子様がいらっしゃるご家族を想定)15組・60名まで。
 ※最低限の参加構成として親1名・子供1名、また、参加上限人数は1家族あたり原則4名。
6 モニター協力費
 (1)2泊3日の場合、1家族当たり3万円(源泉徴収あり)
 (2)3泊4日以上の場合、1家族当たり5万円(源泉徴収あり)
7 協力費支払条件
 (1)和歌山県内で2泊3日以上のワーケーションを実施、(2)ワーケーション終了後にレポート及びアンケートを提出、など。
8 募集期間
 令和元年6月20日(木)から8月13日(火)まで。※15組に達し次第終了。
9 参加者負担費用
 宿泊費、飲食費、交通費(※)
 ※プログラム中の交通については県が手配しますので、費用はかかりません。
○申込方法、モニター条件、その他詳細は下記県ホームページURLに掲載
https://wave.pref.wakayama.lg.jp/020400/workation/oyako.html
>>関連ホームページ
和歌山ワーケーションプロジェクト  https://wave.pref.wakayama.lg.jp/020400/workation/oyako.html
このデータがダウンロードできます。
 

検索 キーワード・部局・時期の3つの項目で検索できます。        複数の項目を選択の場合は、下の「詳しく検索」ボタンを押してください。
キーワードで検索
さがす
検索ワードを空白で区切ることにより、AND検索が可能です。
部局で検索
知事室
知事室
総務部
総務部
企画部
企画部
環境生活部
環境生活部
福祉保健部
福祉保健部
商工観光労働部
商工観光労働部
農林水産部
農林水産部
県土整備部
県土整備部
会計局
会計局
県議会事務局
県議会事務局
各種委員会事務局
各種委員会事務局
監察査察監
監察査察監
教育委員会
教育委員会



掲載時期で検索
さがす
詳しく検索
アクセスランキング

和歌山県広報課
  和歌山県和歌山市小松原通1丁目1番地
TEL 073-441-2031 FAX 073-423-9500
E-mail news-koho@pref.wakayama.lg.jp