報道資料提供サービス
和歌山県トップページに戻る
わかやま県政ニュース
< 戻る
公開日 4月26日
紀伊風土記の丘 新元号「令和」に関する万葉植物園の歌碑について
連絡先 教育委員会  教育庁文化遺産課
担当者 県立紀伊風土記の丘 蘇理
電話 073-471-6123
FAX --
E-mail
 県立紀伊風土記の丘の園内にある「万葉植物園」に設置された万葉歌碑の一つに山上憶良(筑前守 山上大夫)の歌碑があります。

「春されば まづ咲くやどの 梅の花 ひとり見つつや 春日暮らさむ」(万葉集巻5-818)
(現代訳:春になると まず咲く家の 梅の花を ひとり見ながら 春の日をくらすことか)

 この和歌は、新元号「令和」の由来とされる「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす…」の序文を持つ、太宰府の大伴旅人の館で催された梅の花の宴で詠まれた「梅花の歌三十二首」のうちの一首です。
 山上憶良は、奈良時代初期を代表する歌人の一人で、『万葉集』には78首が撰ばれる。官人の立場にありながら、農民の苦しい生活や、家族への愛情など、社会的な情景を鋭く観察した和歌を多数詠んでいます。

 万葉集で植物を詠んだ歌は1500首をこえ、約170種あまりの植物が詠われています。万葉植物園(面積約1650屐貌發砲蓮¬70種の万葉植物と柿本人麻呂や山上憶良などの歌を記した5基の万葉歌碑を設けています。
 この機会に是非ご覧ください。
 
このデータがダウンロードできます。
 

検索 キーワード・部局・時期の3つの項目で検索できます。        複数の項目を選択の場合は、下の「詳しく検索」ボタンを押してください。
キーワードで検索
さがす
検索ワードを空白で区切ることにより、AND検索が可能です。
部局で検索
知事室
知事室
総務部
総務部
企画部
企画部
環境生活部
環境生活部
福祉保健部
福祉保健部
商工観光労働部
商工観光労働部
農林水産部
農林水産部
県土整備部
県土整備部
会計局
会計局
県議会事務局
県議会事務局
各種委員会事務局
各種委員会事務局
監察査察監
監察査察監
教育委員会
教育委員会



掲載時期で検索
さがす
詳しく検索
アクセスランキング

和歌山県広報課
  和歌山県和歌山市小松原通1丁目1番地
TEL 073-441-2031 FAX 073-423-9500
E-mail news-koho@pref.wakayama.lg.jp